鍛錬
 
 

鍛錬について


町にいる鍛冶屋を利用することで、装備品を強化することができるシステムを鍛錬と言います。
鍛冶屋に話しかけ、自分の装備を鍛え上げましょう!
鍛錬の最大値は+1~+10までで、鍛錬に失敗すると装備品は消滅してしまいます。
大事な武器は良く考えてから鍛錬しましょう。
鍛錬に必要なアイテムは、「鍛錬する装備品」と、「ルーンジェム」と呼ばれる鉱石になります。
「ルーンジェム」は数種類あり、それぞれ特性がありますので自分が作りたい武器にあったものを選ぶようにしましょう。

①…鍛錬したい装備品を入れる。
②…強化に使うルーンジェムを入れる。
③…鍛錬の成功確率をアップさせる補助アイテムを入れる。(匠の金槌等)
⑥…鍛錬後の装備が表示される。

そして、④と⑤には鍛錬にかかる費用と成功する確率が表示される…そう!鍛錬は失敗する可能性もある。
しかも、鍛錬に失敗すると装備品は消失してしまう!

※アイテムをルーンジェム、マジックルーンジェムで鍛錬し属性をアイテムに付与されますと、
 以降、そのアイテムの属性を変更することはできません。
※虹のルーンジェムで鍛錬を行うと武器に属性を付与せずアイテムを強化することができます。

だが、そのリスクと引き換えに強力な能力を手にすることができる。
それが鍛錬なのだ!


以下のような画面がでれば鍛錬は成功だ!
さっそく鍛錬した装備品を見てみよう。名前の後ろに「 +○ 」とついているのが分かるか?
それが鍛錬の【 強化値 】だ。

強化値が上がれば上がるほど、装備品の能力は上がるが、
逆に鍛錬は失敗しやすくなっているぞ。

例としてショートソードの強化値と威力の変化を紹介しておこう。

鍛錬された装備品の例
さらに、強化に成功した装備品の名前が変わっていることに気づいたか?

上の例で言えば、名前の先頭が「 氷の 」となっているだろう。
この武器は敵に氷属性のオーラダメージを与えることができるのだ。

他にも属性攻撃を防いだり、特殊な効果が付いたりと鍛錬は奥が深い。
いろいろと試して、自分に合った最適な鍛錬の方法を見つけてくれ!

最後に鍛錬の例をもう一つ紹介しておく。
なんと、この武器は特定の鍛錬をすることで見た目まで変化するのだ!