職業紹介

メイジ
    
 
 
 
メイジ

魔術師系の基本クラスとなり、攻撃魔法を得意とします。

また、相手を状態異常にすることもできます。
転職をすることでより専門的な職業につくことができます。
様々な攻撃魔法を使いこなし、敵に莫大なダメージを与えたい方に向いている職業です。

一次職 特徴
Mage
メイジ
近接攻撃に長け、高い物理防御力と豊富なLPを誇る職です。
転職により、攻撃力を高めた攻めの職となるか、防御力を高めた守りの職となるか、
転職に四つ戦いの要として活躍の場の選択が広がります。

二次職 特徴
Wizard
ウィザード
直接攻撃に長ける魔術師系の上位クラスになります。
火、氷、雷など相手のHPを奪う元素攻撃魔法の使い手を目指す、あるいは召喚術の使い手を目指すならばウィザードの道を歩まなければなりません。
Darkroar
ダークロア
相手の戦力を大幅に奪う、トリッキーな魔術師系の上位クラスになります。
ダメージを与えることは苦手ですが、動けなくさせたり、ステータスをダウンさせることに長けます。
戦術の要になる妨害が可能な上位職や、相手を完全無力にして召し上がるのが得意な職業に就くにはダークロアの道を歩まなければなりません。

三次職 特徴
Warlock
ウォーロック
威力の高い魔法で味方の火力を支える呪文のエキスパートです。
あらゆる攻撃魔法を習得することが可能で、そのどれもが高い威力を持っています。
後方から最大級の火力をお見舞いすれば、相手の戦意はたちまち喪失することでしょう。
Conjurer
コンジュラー
次元を操る魔法に長けたクラスです。
別次元の物質を呼び出すことや、空間と空間を結ぶ境界面に干渉する魔術を用いて、
遠く離れた場所への移動を瞬間的に行なうことが可能です。
その力は長距離の移動を必要とする大規模な戦闘において必要不可欠な存在となっています。
Calamity
カラミティ
剣と魔法の扱いに長けたハイブリッドなクラスです。
さらに騎乗も可能で、その高い機動力は相手を決して逃がしません。
近接戦闘に持ち込んだ後は、優れた剣技や暗黒魔法で相手を死に至らしめます。
Jester
ジェスター
妨害魔法の扱いに特化したクラスです。
様々な妨害魔法で相手の心を乱し、無防備な状態を作り出すことができます。
自由を奪うことに成功すれば、後はあなたの独壇場です。

四次職 特徴
Sage
セージ
火炎、冷気、電撃の魔法をさらに極めたクラスです。
それぞれの上位魔法を用い、戦局を左右するほどの高火力を有することができます。
Magus
メイガス
無属性魔法を用いて属性防御の隙間を切り崩すクラスです。
対策は難しく、ほとんどの敵に安定して被害を与えることができます。
四次職 特徴
Warden
ワーデン
様々な召喚獣の使役を行う召喚に特化したクラスです。
局面に合わせた召喚獣を選択することで、他ではできないような柔軟な戦闘が
可能となります。
Wanderer
ワンダラー
「 位置 」を武器とした戦いを得意としたクラスです。
長距離・短距離輸送から、敵を強制的に移動させるような戦略的特殊スキルを多用します。
四次職 特徴
Chaos
ケイオス
独自の剣術を扱い、さらに「 二刀流 」や闇属性の魔法と混合させた攻撃を行う魔法剣士と
呼ぶべきクラスです。
防御を顧みず突撃することで敵の防衛線を引き裂く攻撃力を持っていますが、防御に
難があるため戦線で生き残るには工夫が必要です。
Diabolos
ディアボロス
闇属性の魔法攻撃を主体としたクラスです。
強力な効果を発揮する反面、扱い方に癖のあるスキルが多くなっています。
闇の力による攻撃を使いこなした時、戦場の脅威となるでしょう。
四次職 特徴
Disaster
ディザスター
周囲に存在する敵対者に対して、強力な弱体化魔法をばら撒くクラスです。
弱体化魔法が蔓延した状況下では、実際の戦力を発揮することは叶わず、
多勢が敗走する光景を作り出すことも可能となります。
Lich
リッチ
不死者の使役と、一通りの弱体化魔法を扱えるクラスです。
激しい戦場でこそ真価を発揮することができ、状況次第では単体で戦局へ大きな影響を
与えることも可能です。